平日は夜8時まで、土日祝も診療している平塚市の歯医者さん

〒254-0902 神奈川県平塚市徳延205
平塚駅北口よりバスにて13分 徳延神社前下車徒歩3分

診療時間
 9:00~13:00 ×
15:00~20:00 ×

△:土曜日19:00まで/●:日祝15:00まで
休診日:木曜日

ご予約・お問合せはこちらへ

ヨ イ ハ ヨ
0463-74-4184

歯科人間工学パフォーマンスロジックに基づいた診療

歯科人間工学パフォーマンスロジックに基づいた診療とは?

歯科診療の基本となる診療の際の姿勢や身体の使い方、診療環境などを規定した論理のことですが、私たち歯科医療者は診療において高い精度で手の動きをコントロールし続けなければなりません。

そのためにどのような診療環境で、どのような器具で、どのような姿勢で診療すべきなのか、このことは歯科医療者が臨床をはじめるときに一番最初に理解し、訓練すべき基本原則になります。

プロスポーツ選手が試合前に何度も正しいフォームを訓練し身に着けているのが当たり前なのと同じことです。

しかし現在の大学教育において、もしくは卒後研修においてそれらの基礎的な訓練をロジックに基づいて訓練しているかというと一部を除き、一般的ではないようです。

当院院長は歯科医師免許取得直後からその訓練を行っていました。とにかく診療がうまくなりたいという一心だった私は自分の体の使い方、診療器具の持ち方ひとつから研究している診療所があると聞いていたので、そこに卒後すぐに就職させていただき、毎日人間工学に基づいた診療の仕方を訓練していました。

Dr.ビーチというアメリカの歯科医師が日本につくった研究所がそこにあり、歯科診療の根本的な原則を学びました。

正しい歯科診療の術者の姿勢はデンタルミラーを用いたミラーテクニックが必須なのですが現在ではさらにマイクロスコープ(手術用顕微鏡)を用いた診療が台頭してきています。

さらに精密な治療を追及していくために当院では開業当初より導入しています。

正しい水平診療時の体の動きや姿勢+ミラーテクニック+マイクロスコープ=現代の精密歯科治療テクニックの組み合わせにより可能な限り精密に安定した治療を安全に行うことを念頭に置いています。